アイディアはいつも考えている人にしか降ってこない

こんな田舎でも美容室は本当に沢山あります。

その中で自分のお店を選び、そして自分を指名してくださるお客様。本当に奇跡に近いくらい笑

どれだけ他の美容室と区別ができるのか、付加価値があるのかをお客様へ伝える。

ですが、その区別方法、付加価値がなかなかでてこないものです。

アイディア。

いつも何も意識せず、ただの消費者として過ごしていればアイディアは出てこないもの。

コンビニに行った時。

今日のランチは何にしようかなぁ。

ミートスパゲティに決める。

何気なく選んだけど、なぜ自分はこれを選んだのかを考える。

いつもはといえばサンドイッチやおにぎりが多い派。

でも今日はなぜこれを選んだ?

・特別お腹が空いてた?

・ネーミングにそそられた?

・誰かが前に食べてて気になってた?

・チャレンジ精神からの初めての試み?

などなど。色んな角度から自分がこれを選んだのか考えてみる。

消費に向かう手前の消費者の求めている事。

『インサイト』

これをいつも考えて、拾っていく事が大事。

普段の何気ないところからそこを鍛えていくといいアイデアが出て来る。

専門家になると自分の業界が逆に見えにくくなって来る。

美容師づけになり、周りも美容師ばかりになるとなかなか業界のインサイトが見えにくくなるんですよね。

当たり前になってきてしまう。

いつも、何気なく過ごしてしまっていると良いビジネスアイデアは浮かびにくいもの。

お客様目線、消費者目線を忘れず意識していく事が重要!

投稿者プロフィール

楜澤智子
楜澤智子
Prism co 代表
地方女性美容師のためのトータルライフアドバイザー
長野県佐久市で2店舗美容室経営

詳しいプロフィールはこちら